FC岐阜は、今月8日にトップチームの選手1名が新型コロナウイルスの陽性判定を受けていたことを発表した。10日、クラブ公式サイトで伝えている。


 今回の発表によると、当該選手は今月5日に帰省した際、その親族が体調不良となりPCR検査を受診。その後8日に当該選手の親族から、陽性反応が見られたという。そして、当該選手は7日に自家用車にて岐阜へ帰着し、8日の昼に相談した保健所ではウイルスの濃厚接触者ではないという判定を受けた。ただ、“念のため”同日にLAMP検査を実施した結果、陽性と判定されたという。


 なお、当該選手は現在も無症状であり、岐阜への帰着後から8日の隔離までの間に選手・スタッフ・クラブ関係者、また一般の方との濃厚接触は一切ないという。今後、同選手は22日まで隔離期間となり、期間内に2回実施するPCR検査でともに陰性と判定されれば退院となる。


 これに伴い、岐阜は13日に全選手を対象にPCR検査を実施することも発表。陰性判定を確認してから、順次チームとしての活動を行なっていくという。