プレミアリーグは15日、昨年12月の月間最優秀選手賞を発表。マンチェスター・Uに所属するポルトガル代表MFブルーノ・フェルナンデスが、2カ月連続で選ばれた。


 B・フェルナンデスは12月に行われた6試合で3ゴール4アシストを記録し、チームは4勝2分で12月のリーグ戦を終えた。マンチェスター・Uは現在、第8節から無敗を維持しており、現在は2位リヴァプールと勝ち点差「3」の首位に立っている。なお、マンチェスター・Uとリヴァプールは17日に直接対決を控えている。


 現在26歳のB・フェルナンデスは、2020年1月の移籍市場でスポルティングからマンチェスター・Uに完全移籍した。“赤い悪魔”ではここまで公式戦48試合に出場し、27ゴール17アシストと圧巻のペースで得点に絡んでいる。


 同選手はオランダ代表FWアンワル・エル・ガジ(アストン・ヴィラ)、アルゼンチン代表GKエミリアーノ・マルティネス(アストン・ヴィラ)、イングランド人DFベン・ミー(バーンリー)、同国代表FWマーカス・ラッシュフォード(マンチェスター・U)、同国代表DFジョン・ストーンズ(マンチェスター・C)、エジプト代表FWモハメド・サラー(リヴァプール)チェコ代表MFトマーシュ・ソウチェク(ウェストハム)を抑えての受賞となった。


 B・フェルナンデスの受賞は昨年2月と6月、11月に続いて4度目となる。プレミアリーグによると、同じ1年間で4度の月間最優秀選手に輝いた、リーグ史上初の選手となった。