サガン鳥栖は18日、1月17日に行ったPCR検査の結果を発表した。


 鳥栖は15日、Jリーグ提供によるチーム始動前のPCR検査において、所属する2選手に新型コロナウイルス感染症の陽性反応が出たことを発表。今回保健所による選手8名の濃厚接触者認定を受け、再度PCR検査を行い、8名全員の陰性が確認されたと公式サイトで伝えている。


 なお、同クラブは合流の予定について「濃厚接触者は陰性の場合も2週間の隔離が必要となりますので、今回陰性判定された8名に関しては陽性者との最終接触日から2週間後に順次チーム合流していく予定」としている。