セレッソ大阪は21日、クロアチア人DFマテイ・ヨニッチが中国サッカー・スーパーリーグの上海申花へ完全移籍することを発表した。クラブ公式サイトで伝えている。


 現在29歳の同選手は2017年にC大阪へ加入すると、4シーズン連続でリーグ戦30試合以上に出場。2019年はチームのリーグ最少失点に貢献するなど中心として活躍し、J1通算135試合出場11得点を記録した。新天地となる中国は、同選手にとって初挑戦の舞台となる。


 今回の移籍決定に際し、ヨニッチは以下のようにコメントしている。


「親愛なるセレッソ大阪とファンの皆様、突然のことで皆様を驚かせてしまい申し訳ありません。私のサッカー人生の中でセレッソの一員になれた事は最高な出来事でした。皆様が自分を必要としている事は誰よりも分かっていますが、家族と相談し、年齢的にもこれが最後のチャンスと思い、新しい環境で自分を試したい、という決意に至りました。私を必要とし熱心に話をしてくれたセレッソには本当に申し訳ない気持ちと感謝の気持ちでいっぱいです」


「私はセレッソを第二の家として一生忘れません。今までサポートして下さった選手、スタッフ、サポーターの皆様、本当にありがとうございました。桜の戦士はいつまでも僕の心に居続けます」