パリ・サンジェルマン(PSG)に所属するフランス代表FWキリアン・エンバペが、自身の契約についてコメントした。スペイン紙『アス』が伝えている。


 パリ・サンジェルマンは22日、リーグ・アン第21節でモンペリエと対戦。エンバペはこの試合で先発出場し、2ゴール1アシストを記録し、4−0での勝利に貢献した。


 同選手を巡っては、レアル・マドリードをはじめ複数のビッグクラブが関心を示していると報じられている。

 

 エンバペは試合後、2022年6月まで残す自身の契約について言及した。


「いまクラブと交渉中だが、考えている途中だよ。PSGと更新すれば今後何年も続くだろう。すぐに決めなければならないだろうが、更新したらここにいることになる。プロジェクトについてクラブと相談したよ。PSGとサインするならば長期契約だと思っているから悩み中だ。ここはとても幸せな場所だよ。ファンとクラブはいつだって助けてくれる。だから、いつも感謝しているよ」


「でも、これからの数年、どこで何をしたいのかを考えていきたい。そろそろ決断しないといけない時期が迫っているが、今考えているところだよ。今答えが決まっていれば、もう今言っているよ。サインするということは残るということ。きちんと考えなければね」