アーセナルに所属しているガーナ代表MFトーマス・パルティが再び負傷離脱することになった。アーセナルのクラブ公式HPが11日に伝えている。


 6日に行われたプレミアリーグ第23節で、アーセナルはアストン・ヴィラと対戦した。同試合にて、トーマスは5試合連続となるスタメンで起用されたものの、74分に左太ももを痛めてピッチを後にしていた。アーセナルは公式HP上で、トーマスが左ハムストリングを負傷していることを発表。14日に行われる第24節リーズ戦の欠場が決定した。


 トーマスは昨年の夏にアトレティコ・マドリードからアーセナルへ加入し、自身初となるプレミアリーグの舞台へと挑戦した。加入直後から存在感を示し、アーセナルの中盤を支える活躍を見せていたものの、昨年12月6日のトッテナム戦で左太ももを負傷。約1カ月間の離脱を経て戦列に復帰した後は、スイス代表MFグラニト・ジャカとのコンビで再び輝きを放っていた。今季はここまでプレミアリーグ11試合に出場していた。