ユヴェントスに所属するイタリア代表FWフェデリコ・キエーザが、チャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦セカンドレグに向けて意気込みを語った。


 CL決勝トーナメント1回戦ファーストレグが17日に行われ、ユヴェントスはアウェイでポルトと対戦。試合開始早々に先制点を奪われると、後半開始早々にも追加点を許した。82分にキエーザのゴールで1点を返したものの、1−2で敗れた。


 キエーザは試合後イタリアメディア『スカイスポーツ』のインタビューに応じ、「僕たちが試合に採用したアプローチではすぐに困難な戦いとなってしまった。チャンピオンズリーグでは完全に集中していなければ、その代償を受けることになる。僕たちはアウェイゴールを決めたが、これがセカンドレグへの強みになる。それが全く違う試合にしてくれるだろう」とセカンドレグへの意気込みを語った。


「これが僕にとっては初めてのチャンピオンズリーグの決勝トーナメントだから、これが通常どのようなものかはわからない。でも、僕たちは最初から緊張をしていて、最初から自分たちで難しくしてしまった。セカンドレグは全く違ったユーヴェになるだろう。なぜなら、次のラウンドに進みたいのならば、僕たちは全く違ったものを見せなければならないからだ」


 逆転突破に向けたセカンドレグは、ユヴェントスのホームで3月9日に行われる。