フランクフルトに所属するセルビア代表FWルカ・ヨヴィッチは、レアル・マドリードから古巣への復帰と自身の将来について語った。5日、スペイン紙『マルカ』が伝えている。


 今冬、レアル・マドリードから半シーズンのレンタル移籍で古巣のフランクフルトへ復帰したヨヴィッチ。スペインでは鳴かず飛ばずだった大器は、ブンデスリーガへの出戻りを機に本領を再び発揮し始め、ここまで早くもリーグ戦で3ゴールをあげている。これを受けフランクフルトは、シーズン終了後のヨヴィッチの買い取りも検討している模様だ。


 ヨヴィッチは自身の将来について「シーズンが終わってから考える」としながらも、来シーズン以降のフランクフルトでのプレーの可能性についてはこのように語っている。


「単純に、すべての可能性があるということだね。プロのフットボール界では何が起こるかまったく分からないから」


「復帰は成功だったよ。ここでは多くのことがうまくはまっているからね。でも最優先なのはチームの成功で、チームが上手くいけばそれは自分にもポジティブなことだ」