プレミアリーグ第30節が4日に行われ、17位ニューカッスルと7位トッテナムが対戦した。


 試合が動いたのは28分、ホームのニューカッスルが先制する。相手のビルドアップのミスからボールを奪ってカウンターに転じると、シーン・ロングスタッフのラストパスをジョエリントンが押し込んだ。しかし、トッテナムはすぐに1点を返す。30分、ジオヴァニ・ロ・チェルソがゴール前に流し込んだスルーパスは相手DFに先に触られたが、クリアボールはハリー・ケインに当たってゴール前にこぼれる。ケインはセカンドボールに反応して無人のゴールに押し込んだ。


 すると34分にトッテナムが逆転に成功。タンギ・エンドンベレのスルーパスに抜け出してペナルティエリアの右に流れたケインは、右足を振り抜いてゴール左下隅に流し込んだ。前半はトッテナムのリードで折り返した。


 トッテナムは67分、コーナーキックの流れからジャフェット・タンガンガがゴールの目の前でヘディングシュートを放つが、ボールはゴールライン上でクリアされる。対するニューカッスルは70分、右からのクロスを収めたジョエリントンが右足でゴール右下隅に流し込もうとしたが、上手くミートできずに枠を捉えられない。


 84分、トッテナムはカウンターから決定機を迎えるが、ケインのフィニッシュは左のポストに弾かれた。すると85分、ニューカッスルが試合を振り出しに戻す。左からのクロスをジョエリントンが頭で折り返すと、ミゲル・アルミロンのヘディングシュートは相手DFにブロックされる。それでも、こぼれ球をジョー・ウィロックが押し込んだ。


 試合はこのまま終了。ニューカッスルは連敗を回避したものの、7戦未勝利となった。トッテナムは連勝を逃し、今節敗れた4位チェルシーと勝ち点で並ぶことに失敗した。次節、ニューカッスルは11日にアウェイでバーンリーと、トッテナムは同日にホームでマンチェスター・Uと対戦する。


【スコア】

ニューカッスル 2−2 トッテナム


【得点者】

1−0 28分 ジョエリントン(ニューカッスル)

1−1 30分 ハリー・ケイン(トッテナム)

1−2 34分 ハリー・ケイン(トッテナム)

2−2 85分 ジョー・ウィロック(ニューカッスル)