ウルヴァーハンプトン(ウルブス)がポルトガル代表FWペドロ・ネトの負傷について発表した。クラブ公式サイトが伝えている。


 ウルブスは9日、プレミアリーグ第31節でフルアムと対戦。後半アディショナルタイム2分にアダマ・トラオレが決め、なんとかウルブスが勝利したこの試合で、ネトは先発出場を果たしたが負傷により32分でジョアン・モウティ―ニョと交代でピッチを後にしていた。


 状態が心配されていたが、クラブによると10、11日にヒザの専門医の検査を受け膝蓋骨の損傷が確認された模様。また、今週末にも手術を受け、今シーズン中の復帰は叶わず来シーズンまで持ち越しとなるようだ。