エヴァートンに所属するコートジボワール代表MFジャン・フィリップ・グバミンは、再び負傷してしまったようだ。12日付けでイギリスメディア『スカイスポーツ』が報じている。


 2019年にマインツからエヴァートンへ加入したグバミンだが、アキレス腱とハムストリングという度重なるケガの影響で長らく戦列を離れていたが、5日のプレミアリーグ第30節クリスタル・パレス戦に79分から途中出場。2019年8月以来、20ヶ月ぶりに公式戦のピッチに立った。


 しかし今回の報道によると、グバミンは同試合後のトレーニング中に再び膝を負傷した模様。現在はロンドンでの検査を控えており、12日の第31節ブライトン戦ではメンバー外となっていた。


 グバミンはC・パレス戦で復帰を果たした際、「ピッチ状に全てを捧げることが今後の目標だ。僕の契約はまだ3年残っている。エヴァートンの歴史の一部になりたい。今は試合に集中できているし、そんな時も一生懸命に頑張るよ」とコメントしていたが、再びチームから離れることを余儀なくされてしまった。