セリエA第31節が18日に行われ、2位ミランと13位ジェノアが対戦した。


 ズラタン・イブラヒモヴィッチを出場停止で欠くミランは、13分に先制する。ゴールから約25メートル離れた位置でフリーキックを獲得。キッカーを務めたテオ・エルナンデスのシュートは壁に阻まれたが、落下点でピエール・カルルが競り合ってボールをゴール前に残す。セカンドボールに反応したアンテ・レビッチは、左足で強烈なダイレクトボレーをゴール右隅に突き刺した。


 ミランは19分、フィカヨ・トモリの縦パスを起点にアレクシス・サレマーカーズ、ハカン・チャルハノール、ラフェエル・レオンと流れるようなパス回しでゴール前に迫る。しかし、レオンのフィニッシュは相手GKの正面。ミランが追加点を奪えないでいると、ジェノアは36分に試合を振り出しに戻す。パオロ・ギッリョーネが供給した右コーナーキックにマッティア・デストロが頭で合わせた。


 前半を1−1で折り返すと、ミランは48分に決定機。サレマーカーズとのパス交換で右サイドを突破したカルルがグラウンダーで折り返し、中央のレビッチがゴール前で合わせたが、シュートは枠の上へと外れた。それでも68分、ミランが勝ち越しの1点を獲得する。チャルハノールが左コーナーキックから鋭く落ちるボールを供給すると、最後は相手のジャンルカ・スカマッカに当たってゴールに吸い込まれた。


 試合はこのまま終了。ミランは2連勝でリーグ4戦無敗となり、2位の座をキープした。ジェノアは2連敗で3戦未勝利となった。次節はミッドウィークに行われ、ミランは21日にホームでサッスオーロと、ジェノアは同日にホームでベネヴェントと対戦する。


【スコア】

ミラン 2−1 ジェノア


【得点者】

1−0 13分 アンテ・レビッチ(ミラン)

1−1 36分 マッティア・デストロ(ジェノア)

2−1 68分 オウンゴール/ジャンルカ・スカマッカ(ミラン)