スペイン紙『マルカ』は23日、レアル・マドリードの負傷者状況について報じている。


 現在、多くの選手が負傷などのトラブルで戦線離脱しているレアル・マドリード。21日のカディス戦は、それまで離脱していたFWエデン・アザール、FWルーカス・バスケス、DFダニエル・カルバハル、DFセルヒオ・ラモスらに加えて、MFルカ・モドリッチ、MFトニ・クロース、そしてMFフェデリコ・バルベルデがメンバー外となった。


 24日にはベティス戦を迎えるマドリーだが、一部の選手はこの試合でもまだ離脱が続く模様だ。ジダン監督はベティス戦のメンバーについて会見で、「クロースは入らないが、ルカ(・モドリッチ)は入る。エデン(・アザール)も我々とともに、メンバーリストに入る予定だ」と語っており、クロースは引き続き離脱、モドリッチとアザールが復帰することを明かしている。