24日、明治安田生命J1リーグ第11節柏レイソル対徳島ヴォルティスが行われた。


 ホームの柏は現在リーグ戦2連勝中と調子が上向き。今節キャプテンマークを巻く日本代表MF江坂任を中心に3連勝を狙う。一方の徳島は、前節鹿島アントラーズを相手に黒星。リーグ戦2試合ぶりの勝利を目指し『三協フロンテア柏スタジアム』へと乗り込んだ。


 先制したのは柏だった。9分、高い位置から連動したプレッシャーをかけ徳島のペナルティエリア内で江坂がボールを奪うと、ゴール中央へポジションを取ったFW呉屋大翔へパス。呉屋は豪快に左足を振り抜き、ゴールネットを揺らした。柏が幸先良く先制に成功する。


 その後も柏が組織的なディフェンスで徳島を苦しめると、27分に右CKから追加点を上げる。FW神谷優太が右足でアウトスイングのボールを送ると、中央で待っていた江坂がヘディングシュート。これがゴールへ収まり、柏がリードを2点に広げる。


 勢いに乗る柏はその3分後、敵陣中央やや左サイドでボールを持ったMF仲間隼斗が、大きくサイドチェンジ。これを敵陣ペナルティエリア右で待っていたDF北爪健吾が頭で折り返し、中央へ走り込んだMF椎橋慧也も頭でゴールを決めた。スコアは3ー0でハーフタイムを迎える。


 迎えた後半、次にゴールネットを揺らしたのも柏だった。48分、敵陣中央右サイドでボールを持った江坂からのクロスで飛び出した仲間が、ペナルティエリア右からシュート。VARの確認後に得点が認められ、柏のリードは4点に。


 手を緩めない柏は64分、球際を制し自陣からドリブルで進入した北爪が、敵陣中央から前線へスルーパス。これをペナルティエリア右で受けた呉屋が右足ダイレクトで左のサイドネットを揺らした。スコアは5ー0となる。


 意地を見せたい徳島は74分、敵陣中央でパスをつなぎペナルティエリアへ進入。相手を押し込むと、コントロールのため椎橋が触れたボールが、詰めていたFW宮代大聖に当たってゴールへと収まった。徳島が1点を返す。


 しかし、スコアは結局このまま動かず試合終了。5得点で徳島を圧倒した柏が、リーグ戦3連勝を手にした。


【スコア】

柏レイソル 5ー1 徳島ヴォルティス


【得点者】

1ー0 9分 呉屋大翔(柏レイソル)

2ー0 27分 江坂任(柏レイソル)

3ー0 30分 椎橋慧也(柏レイソル)

4ー0 48分 仲間隼斗(柏レイソル)

5ー0 64分 呉屋大翔(柏レイソル)

5ー1 74分 宮代大聖(徳島ヴォルティス)