ブンデスリーガ第31節が24日に行われ、3位ヴォルフスブルクと5位ドルトムントが対戦した。


 12分、ドルトムントが先制する。相手DFリドル・バクの後ろ方向へのパスミスをかっさらい、アーリング・ハーランドが右サイドから中央へと一気に侵入。最後は得意の左足で相手GKの股を抜いて流し込んだ。


 ヴォルフスブルクは38分、バクのスルーパスに抜け出したヤニック・ゲルハルトが右足を振り抜いたが、枠を捉えられない。前半はドルトムントの1点リードで折り返した。


 ヴォルフスブルクは46分、バクの縦パスを受けたワウト・ウェクホルストが振り向きざまに右足を振ったが、惜しくも枠を捉えられない。対するドルトムントは50分、ジェイドン・サンチョのスルーパスに抜け出したハーランドがペナルティエリアまで運んで、左足を強振。しかし、強烈なシュートは相手GKクーン・カステールスに阻まれる。


 すると58分、ドルトムントはジュード・ベリンガムがこの試合2枚目のイエローカードをもらってしまう。17歳はブンデスリーガで初の退場となり、ドルトムントは数的不利で残り時間を戦うことになった。


 ドルトムントは68分、カウンターから貴重な追加点を獲得する。マフムド・ダフードのスルーパスにハーランドが抜け出すと、そのままゴール前まで直進。最後は左足でゴール左下隅に流し込んだ。ハーランドは2試合ぶり今季10度目のドッペルパック(1試合2得点)を達成した。


 試合はこのまま終了。ドルトムントはリーグ戦4連勝で勝ち点を「55」に伸ばし、2試合ぶりに敗れたヴォルフスブルクとの勝ち点差を「2」に縮めた。


 ヴォルフスブルクは次節、8日にMF遠藤渓太が所属するウニオン・ベルリンとホームで対戦。ドルトムントの次戦は5月1日に行われ、DFBポカール準決勝でホルシュタイン・キール(2部)と対戦する。


【スコア】

ヴォルフスブルク 0−2 ドルトムント


【得点者】

0−1 12分 アーリング・ハーランド(ドルトムント)

0−2 68分 アーリング・ハーランド(ドルトムント)