リーグ・アン第34節が24日に行われ、メスとパリ・サンジェルマン(PSG)が対戦した。


 首位リールを勝ち点差1ポイントで追走するPSGがメスのホームに乗り込んだ。PSGは28日にチャンピオンズリーグ(CL)準決勝のマンチェスター・C戦(1stレグ)を控えており、勝利して勢いを維持したいところだ。対するメスは公式戦6試合未勝利で9位につけている。


 PSGが開始早々に試合を動かした。3分、自陣でボールを受けたアンデル・エレーラが相手最終ラインの裏へ浮き球のロングボールを入れると、キリアン・エンバペが胸で収めて右足を振り抜く。ボールは左のゴールポストを叩いてネットを揺らした。


 メスは29分、右サイドを突破したファビアン・チェントンツェが相手ディフェンダーを交わして角度のない位置から右足でシュート。しかし、GKケイラー・ナバスにセーブされる。


 1点ビハインドで後半へ折り返したメスは46分、試合を振り出しに戻す。ファリド・ブラヤが左サイドのエリア手前から右足でクロスを送ると、ファーサイドに走りこんだチェントンツェがヘディングで合わせ、同点とした。PSGは56分に決定機。左サイドのCKからネイマールがクロスを上げると、レアンドロ・パレデスが右足のボレーで合わせる。しかし、GKの好セーブに阻まれる。


 それでも、試合を優位に進めるPSGは直後の58分、勝ち越し弾を奪う。左サイドを突破したネイマールからエリア手前のエンバペにボールが渡ると、そのまま右足でシュートを放つ。相手ディフェンダーに当たってコースが変わったボールはGKの手も弾いてゴールに吸い込まれた。


 主導権を握るPSGは75分、エリア手前からアンヘル・ディ・マリアが左足で強烈なミドルシュートを放つが、GKに弾かれる。さらに76分には左サイドからカットインしたネイマールが右足で狙うが、わずかにゴール左に外れた。PSGは81分にも決定機を迎える。右サイドのCKからボールがゴール前にこぼれると、エレーラが右足で強烈なシュート。しかし、これはクロスバーに嫌われた。


 PSGは試合終了間際の88分、ネイマールに代わりピッチに入ったマウロ・イカルディがエリア内で倒されてPKを獲得すると、これを自らゴール中央に決めて2点差とする。試合はこのまま終了。PSGがメスを下してリーグ戦3連勝を飾り、暫定首位に浮上。また、CL準決勝に向けて弾みをつけた。一方のメスは公式戦7試合未勝利となった。


 次節、メスは5月2日にアウェイでディジョンと、PSGは同月1日にホームでランスと対戦する。


【スコア】

メス 1−3 パリ・サンジェルマン


【得点者】

0−1 3分 キリアン・エンバペ(パリ・サンジェルマン)

1−1 46分 ファビアン・チェントンツェ(メス)

1−2 58分 キリアン・エンバペ(パリ・サンジェルマン)

1−3 88分 マウロ・イカルディ(PK/パリ・サンジェルマン)