パリ・サンジェルマン(PSG)は26日、コスタリカ代表GKケイラー・ナバスとの契約延長を発表した。新契約は1年延長され、2024年6月30日までとなった。


 現在34歳のナバスは2019年夏に、2023年6月30日までの4年契約でPSGに完全移籍。PSGでは公式戦通算72試合に出場し、34試合でクリーンシートを達成している。


 加入1年目の昨シーズンは公式戦35試合に出場。リーグ・アン、クープ・ドゥ・フランス(フランス杯)、クープ・ドゥ・ラ・リーグ(フランスリーグ杯)の国内3冠達成に加え、チャンピオンズリーグ(CL)準優勝に貢献した。今シーズンはこれまで公式戦37試合に出場している。


 ナセル・アル・ケライフィ会長は、「ケイラー・ナバスとの契約延長をとてもうれしく思っている。彼は世界最高のGKだ。チームに大きな自信を与え、ファンも彼を愛している。今シーズン終盤の大一番や今後のシーズンでも活躍してくれるはずだ」とコメントした。


 PSGはリーグ・アン第34節を終えて、首位リールと勝ち点1ポイント差で2位につけている。CLでは、昨季の決勝で敗れた王者バイエルンにリベンジを達成し、2年連続のベスト4入り。CL準決勝は、28日のファーストレグでマンチェスター・Cをホームに迎える。