明治安田生命J1リーグ第12節の9試合が1日と2日に行われた。


 ベガルタ仙台は西村拓真の1点で柏レイソルを1−0で下し、待望の今季初勝利。また、昨季のホームゲームで1勝も挙げられなかった仙台にとっては、2シーズンぶりとなる『ユアテックスタジアム仙台』での勝利となった。


 アビスパ福岡は浦和レッズを2−0で下して3連勝。福岡は1999年以来となる浦和相手のリーグ戦勝利で、クラブのホーム通算200勝目を達成した。また、J1リーグでの3連勝は2000年以来の快挙となる。


 敵地でFC東京と対戦した横浜F・マリノスは、オナイウ阿道のハットトリックで3−0の快勝を収め、リーグ3連勝。サガン鳥栖も徳島ヴォルティスを2−0で下してリーグ3連勝となった。


 ヴィッセル神戸は古橋亨梧の2得点などでサンフレッチェ広島を3−0で下した。なお、神戸は75分、右足大腿の負傷から復帰したMFアンドレス・イニエスタが142日ぶりとなる公式戦出場を果たした。


 セレッソ大阪とガンバ大阪による“大阪ダービー”は、新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言を受け、リモートマッチでの開催に。44分にPKを失敗したC大阪は、73分に途中出場の中島元彦が先制点をマーク。しかし82分、今度はG大阪にPKが与えられると、パトリックが成功させて試合は振り出しに戻る。結局、ダービーは1−1の痛み分けに終わった。


 大分トリニータは前半の1点を守り切り、清水エスパルスを撃破。大分は今季初の無失点でリーグ戦での連敗を「7」で止めた。敗れた清水はリーグ6戦未勝利となった。


 なお、第12節のもう1試合である川崎フロンターレと名古屋グランパスによる天王山は、5月4日15時からのキックオフを予定している。


 今節の試合結果と順位表、次節の対戦カードは以下の通り。


◆■試合結果

▼5月1日

ベガルタ仙台 1ー0 柏レイソル

FC東京 0ー3 横浜F・マリノス

アビスパ福岡 2ー0 浦和レッズ

ヴィッセル神戸 3ー0 サンフレッチェ広島

サガン鳥栖 2ー0 徳島ヴォルティス

横浜FC 0ー3 鹿島アントラーズ


▼5月2日

大分トリニータ 1ー0 清水エスパルス

湘南ベルマーレ 0ー0 北海道コンサドーレ札幌

セレッソ大阪 1ー1 ガンバ大阪


▼5月4日

川崎フロターレ vs 名古屋グランパス 


◆■順位表

1位 川崎F(勝ち点32/得失点差+22)

2位 名古屋(勝ち点29/得失点差+13)

3位 鳥栖(勝ち点26/得失点差+14)

4位 横浜FM(勝ち点24/得失点差+15)

5位 神戸(勝ち点23/得失点差+8)

6位 C大阪(勝ち点21/得失点差+5)

7位 福岡(勝ち点19/得失点差±0)

8位 広島(勝ち点17/得失点差+1)

9位 浦和(勝ち点17/得失点差−6)

10位 鹿島(勝ち15/得失点差+2)

11位 FC東京(勝ち点15/得失点差−5)

12位 徳島(勝ち点14/得失点差−6)

13位 柏(勝ち点13/得失点差−2)

14位 札幌(勝ち点12/得失点差±0)

15位 湘南(勝ち点12/得失点差−2)

16位 清水(勝ち点11/得失点差−5)

17位 大分(勝ち点8/得失点差−9)

18位 G大阪(勝ち点7/得失点差−3)

19位 仙台(勝ち点6/得失点差−15)

20位 横浜FC(勝ち点2/得失点差−28)


◆■第13節の対戦カード

▼5月8日(土)

14:00 鳥栖 vs 広島

15:00 名古屋 vs C大阪

18:00 G大阪 vs 川崎F


▼5月9日(日)

13:00 横浜FM vs 神戸

14:00 清水 vs 横浜FC

14:00 福岡 vs 柏

15:00 湘南 vs 大分

15:00 徳島 vs 札幌

16:00 浦和 vs 仙台

17:00 鹿島 vs FC東京