明治安田生命J1リーグ第13節が各地で行われた。


 昨シーズンの1位・2位の対決となった川崎フロンターレとガンバ大阪の一戦は、アウェイの川崎FがFWレアンドロ・ダミアンのゴールで先制し後半へ。迎えた後半、なかなか点が動かない時間が続くも途中出場のMF三笘薫が貴重な追加点を決め、試合は2−0で終了。これで川崎Fは3連勝を飾り、開幕から15試合無敗をキープしている。


 4位横浜F・マリノスと5位ヴィッセル神戸の上位対決は、横浜FMが20分にFWマルコス・ジュニオールが交代を強いられるアクシデントに見舞われる。それでも序盤からホームの横浜FMがボールを保持する展開で、神戸は前半にオウンゴールで失点を喫してしまう。迎えた後半、そのM・ジュニオールに代わって入ったMF天野純が追加点を記録し、結局試合は2−0で終了。横浜FMは4連勝を飾り、3位に浮上している。


 好調を維持する鹿島アントラーズは、ホームにFC東京を迎えての一戦。前半にDF町田浩樹とMF松村優太のゴールでリードを奪うと、後半には途中出場のFW上田綺世がゴールを決め、鹿島は3−0で勝利を飾った。一方、敗れたFC東京はリーグ戦5連敗を喫している。


 第13節の試合結果と順位表、また第14節の対戦予定は以下の通り。


■試合結果

サガン鳥栖 0−0 サンフレッチェ広島

名古屋グランパス 1−0 セレッソ大阪

ガンバ大阪 0−2 川崎フロンターレ

横浜F・マリノス 2−0 ヴィッセル神戸

清水エスパルス 1−1 横浜FC

アビスパ福岡 1−0 柏レイソル

湘南ベルマーレ 2−0 大分トリニータ

徳島ヴォルティス 1−2 北海道コンサドーレ札幌

浦和レッズ 2−0 ベガルタ仙台

鹿島アントラーズ 3−0 FC東京


■順位表

1位 川崎F(勝ち点41/得失点差+29)

2位 名古屋(勝ち点32/得失点差+9)

3位 横浜FM(勝ち点27/得失点差+17)

4位 鳥栖(勝ち点27/得失点差+14)

5位 神戸(勝ち点23/得失点差+6)

6位 福岡(勝ち点22/得失点差+1)

7位 C大阪(勝ち点21/得失点差+4)

8位 浦和(勝ち点20/得失点差−4)

9位 鹿島(勝ち点18/得失点差+5)

10位 広島(勝ち点18/得失点差+1)

11位 札幌(勝ち点15/得失点差+1)

12位 湘南(勝ち点15/得失点差0)

13位 FC東京(勝ち点15/得失点差−7)

14位 徳島(勝ち点14/得失点差−7)

15位 柏(勝ち点13/得失点差−3)

16位 清水(勝ち点12/得失点差-5)

17位 大分(勝ち点8/得失点差−11)

18位 G大阪(勝ち点7/得失点差−5)

19位 仙台(勝ち点6/得失点差−17)

20位 横浜FC(勝ち点3/得失点差−28)


■第14節の対戦予定

▼5月15日(土)

14:00 仙台 vs 福岡

14:00 清水 vs 名古屋

15:00 鹿島 vs 横浜FM

16:00 柏 vs FC東京

16:00 広島 vs 徳島

16:00 大分 vs 鳥栖

16:00 神戸 vs C大阪

17:00 横浜FC vs 湘南

▼5月16日(日)

15:00 川崎F vs 札幌

17:00 G大阪 vs 浦和