レスターのブレンダン・ロジャーズ監督は、勝利したマンチェスター・U戦を終えてコメントした。11日、イギリス紙『ガーディアン』が報じている。


 試合前の時点でリーグ4位に位置しており、来季のチャンピオンズリーグ出場権の獲得を目指すレスター。今節は2位マンチェスター・Uとの上位対決となったが、過密日程によりメンバーを落とした相手を前に19歳のDFルーク・トーマスのゴールで先制を果たすと、追いつかれた後半にはチャグラル・ソユンクの決勝ゴールが決まり、難しい相手から貴重な勝ち点3を持ち帰ることとなった。


 この勝利で暫定3位に浮上し、前節2−4と敗れたニューカッスル戦の不安を払拭したレスター。チームを率いるロジャーズ監督は、大きな白星に喜びのコメントを残した。


「非常に大きな一歩だ。前節のようなパフォーマンスの後は常に難しくなるものだが、チームのことをとても誇らしく思うよ」


「我々は良い形でゲームをスタートした。ルークが素晴らしいゴールを決めてね…19歳の彼と20歳のウェズレイ(・フォファナ)、彼らは経験が十分ではない選手たちだが、まったく恐れることがなかったね」


 また、週末に控えるチェルシーとのFAカップ決勝について問われると、「リーグでもまだやるべきことはあるが、しっかりと準備して、週末のFAカップ決勝を楽しみたいね」と話した。