プレミアリーグが欧州スーパーリーグ(ESL)騒動に関してアーセナル、チェルシー、リバプール、マンチェスター・シティ、マンU、スパーズの6クラブに総額2200万ポンド(約34億円)の和解金を科したようだ。イギリスメディア『スカイスポーツ』が伝えている。


 4月18日、レアル・マドリードやバルセロナ、プレミアリーグの6クラブなどが欧州の強豪12クラブによるESLの創設を発表した。しかし、参加クラブの選手やサポーター、大会不参加のクラブをはじめ、FIFA(国際サッカー連盟)やUEFA(欧州サッカー連盟)、各国連盟などの反発を受けて撤回の声明を出していた。


 プレミアリーグはESL参加を発表した6クラブに制裁金を科すことを発表。また、今後同様に不認可のコンペティションに参加した場合、2500万ポンド(約38億円)の追加罰金と30点の勝ち点減点が科されることも決定したようだ。


 プレミアリーグとイングランドサッカー協会(FA)は「欧州スーパーリーグ創設に関与した6クラブは、本日、自らの行為が間違っていたと認め、プレミアリーグと英国フットボールに対する責任を再確認しました」と声明を発表。「クラブは、ファン、他のクラブ、プレミアリーグ、FAに謝罪し、善意の形として、各クラブは2200万ポンドの寄付を行うことに合意しました。この寄付金は、ファンへのサポートに対する投資、フットボールの草の根活動、コミュニティ・プログラム等に使われます」とコメントした。


なお、今回の和解金が他のプレミアリーグ14クラブに再分配されるかどうかは明かされていない。