イングランド代表FWハリー・ケイン(トッテナム)がスコットランド代表戦へ向けて意気込みを語った。17日、スペイン紙『アス』が伝えている。


 13日にEURO2020初戦でクロアチア代表と対戦したイングランド代表は、同国代表MFラヒーム・スターリング(マンチェスター・C)の先制点を守り抜き1−0で勝利。同試合でキャプテンを務めたケインは18日に行われるスコットランド代表戦に向けて胸中を明かした。


 まず、2017年に行われたスコットランド代表戦について「僕にとって最も特別なゴールの一つであり、キャプテンとしての最初の試合でもあり、僕の心の中にあるものなんだ」と自身にとっての歴史を語った。続けて「イングランド代表でプレーすることは、常に僕の究極の目標だったんだ。それが僕の夢。ホームである大会で優勝することは、大きな刺激になるね。自分もチームメイトも、すべての力を出し切って実現させるんだ」と、今大会に賭ける意気込みを口にした。


 また、18日に行われるスコットランド代表戦については「イングランド代表にとっては予選通過のチャンスだね。僕たちは、スコットランド戦でプレーすることの意味を知っているんだ」とコメント。さらに「スコットランド代表には、経験豊富で才能のある非常に優れた選手が揃っている。とても尊敬しているんだ。もし、チェコ代表のGKがいなければ、彼らは(初戦で)もっと多くのゴールを決めていたはずだ。我々は非常に難しいゲームを強いられるだろう」と、歴史を誇る対戦カードを前に、最大限に警戒していることを告白した。