PSVは18日、元オランダ代表MFマルコ・ファン・ヒンケルが加入することをクラブ公式サイトで発表した。


 ファン・ヒンケルは2021年6月30日でチェルシーとの契約が満了を迎えるため、PSVにはフリートランスファーで加入。PSVとは2023年6月30日までの契約を結ぶ。


 現在28歳のファン・ヒンケルは7歳からフィテッセの下部組織で過ごし、17歳の時にトップチームデビューを飾った。2013年夏にチェルシーに完全移籍を果たしたが、加入直後にひざの大ケガを負ってしまい、1シーズン目を棒に振った。


 ケガから復帰した後はレンタル移籍を繰り返し、2014−15シーズンはミラン、15−16シーズン前半はストークでプレー。15−16シーズン後半にPSVでプレーすると、2016−17シーズン後半に2度目のPSV加入。2017年夏にレンタルを延長し、17−18シーズンもPSVでプレーした。


 同選手は2020年夏、再びレンタルでPSVに加入。2020−21シーズンはひざのケガにも悩まされ、公式戦は12試合の出場で1ゴール1アシストにとどまった。


 ついに8年間在籍したチェルシーを退団することになったファン・ヒンケルだが、同クラブのトップチーム出場はわずか4試合にとどまった。PSVではこれまでに公式戦通算76試合に出場しており、32ゴール11アシストを記録している。