トッテナムは24日、アタランタのイタリア代表GKピエルルイジ・ゴッリーニを買い取りオプション付きのローン移籍で獲得したことをクラブ公式サイトで発表した。


 現在26歳の同選手は、ヴェローナでプロデビューし、2016年7月にアストン・ヴィラへ移籍。2016−2017シーズンにトッテナムと対戦した際にベンチ入りしていたこともクラブ公式サイトで触れられている。その後、2017年1月からはアタランタでプレーし、これまでセリエAでは118試合に出場している。さらに、イタリア代表では2019年11月にEURO2020予選のボスニア・ヘルツェゴビナ戦で代表デビュー。この試合が同選手のイタリア代表での唯一の出場となっている。


 契約が残り1年となっているフランス代表GKウーゴ・ロリスの後釜候補を確保したトッテナム。4年半ぶりのイングランド復帰となったゴッリーニの活躍に注目が集まる。