明治安田生命J2リーグ第27節が28日と29日に行われた。


 ジュビロ磐田とSC相模原の一戦は、37分に相模原が先制。藤本淳吾が直接フリーキックを沈め、3試合連続ゴールを記録した。追いかける展開となった磐田は、89分に山本康裕のミドルシュートが決まって試合を振り出しに戻す。試合はこのまま終了し、相模原は今季5勝目、磐田は3連勝を逃した。


 ホームで東京ヴェルディと対戦した京都サンガF.C.は、20分に先制を許し、ビハインドで後半を迎える。それでも56分にピーター・ウタカの3試合連続となるゴールで追いつくと、60分にはセットプレーからヨルディ・バイスが逆転ゴールをマーク。67分にはイスマイラがリードを広げ、3−1の逆転勝利を収めた。3連勝となった京都は、1試合未消化ながら首位に浮上した。


 ブラウブリッツ秋田をホームに迎えたFC琉球は、62分に秋田の先制を許したものの、77分に阿部拓馬がPKを成功させて追いつく。83分には途中出場の福井諒司が逆転ゴールを挙げ、2−1で勝利した琉球は3試合ぶりの白星となった。


 水戸ホーリーホックは中山仁斗の2得点などアルビレックス新潟に4−0で快勝を収め、2試合ぶりの白星となった。敗れた新潟は6試合ぶりの黒星となり、4位に転落した。


 大宮アルディージャは黒川淳史の2ゴールなどで松本山雅FCを4−0で下し、7試合ぶりの白星で今季4勝目を収めた。栃木SCは9分に畑潤基がPKで挙げた1点を守り切り、愛媛FCとの下位対決に勝利。12試合ぶりの白星で降格圏を脱出した。


 今節の試合結果と順位表、次節の対戦カードは以下の通り。


■試合結果

▼8月28日(土)

ジェフユナイテッド千葉 2−0 V・ファーレン長崎

京都サンガF.C. 3−1 東京ヴェルディ

FC琉球 2−1 ブラウブリッツ秋田

水戸ホーリーホック 4−0 アルビレックス新潟

ジュビロ磐田 1−1 SC相模原

レノファ山口FC 2−1 モンテディオ山形

ギラヴァンツ北九州 0−0 ファジアーノ岡山


▼8月29日(日)

大宮アルディージャ 4−0 松本山雅FC

FC町田ゼルビア 3−0 ヴァンフォーレ甲府

愛媛FC 0−1 栃木SC

ザスパクサツ群馬 0−0 ツエーゲン金沢


■順位表

1位 京都(勝ち点57/得失点差+24)※1試合未消化

2位 磐田(勝ち点56/得失点差+15)

3位 琉球(勝ち点51/得失点差+17)

4位 新潟(勝ち点50/得失点差+21)

5位 山形(勝ち点46/得失点差+13)※1試合未消化

6位 町田(勝ち点45/得失点差+15)

7位 甲府(勝ち点45/得失点差+12)

8位 長崎(勝ち点44/得失点差+4)※1試合未消化

9位 水戸(勝ち点37/得失点差+9)

10位 千葉(勝ち点37/得失点差+2)

11位 東京V(勝ち点37/得失点差−6)

12位 岡山(勝ち点34/得失点差−1)

13位 秋田(勝ち点31/得失点差−5)

14位 山口(勝ち点29/得失点差−10)※1試合未消化

15位 群馬(勝ち点29/得失点差−11)

16位 金沢(勝ち点27/得失点差−8)※1試合未消化

17位 栃木(勝ち点26/得失点差−9)

18位 松本(勝ち点25/得失点差−21)※1試合未消化

19位 北九州(勝ち点24/得失点差−18)

20位 愛媛(勝ち点24/得失点差−19)

21位 大宮(勝ち点23/得失点差−6)

22位 相模原(勝ち点21/得失点差−18)


■次節の対戦カード

▼9月4日(土)

18:00 秋田 vs 群馬

18:00 相模原 vs 千葉

18:00 甲府 vs 京都

18:00 松本 vs 磐田

18:00 新潟 vs 北九州

19:00 山形 vs 水戸

19:00 金沢 vs 町田

19:00 長崎 vs 琉球


▼9月5日(日)

18:00 栃木 vs 山口

18:00 岡山 vs 愛媛

19:00 大宮 vs 東京V