リーグ・アン第4節が29日に行われ、スタッド・ランスとパリ・サンジェルマン(PSG)が対戦した。


 今夏歴史的な大型補強に成功し、リーグ戦でも開幕から3連勝と好調を維持するPSG。この日はバルセロナから加入したアルゼンチン代表FWリオネル・メッシが移籍後初となるベンチ入りを果たし、新天地でのデビューの時を待った。なお、スタメンの前線には退団も噂されるキリアン・エンバペ、ネイマール、そしてアンヘル・ディ・マリアが並んでいる。


 試合は立ち上がりこそホームのスタッド・ランスがPSGに対し勢いを見せたものの、ゲームの流れは徐々にPSGへと傾く。11分に迎えた最初のチャンスでエンバペがゴールを脅かすと、15分には右サイドのディ・マリアからの絶妙なクロスに中央のエンバペがヘッド。このゴールが決まり、アウェイのPSGが幸先よく先制を果たす。


 その後はリードしたPSGが豪華スリートップを中心とした攻撃で試合を支配するも、スタッド・ランスはなんとか守備陣が粘って追加点を許さず、試合はこのまま後半へ。すると反撃したいスタッド・ランスは51分、味方シュートのこぼれ球をマーシャル・ミュネットシーが押し込みゴールネットを揺らす。しかし同点弾かに思われたこのシーンは、VARの末オフサイドの判定となる。


 ヒヤリとしたPSGは、注目のメッシが56分からウォーミングアップを始めるなか、63分に再びチャンスを掴む。右サイドからアクラフ・ハキミがクロスをあげると、ゴール前で再び合わせたのはエンバペ。この得点でPSGはリードを2点に広げ、スタッド・ランスを突き放す。


 そして迎えた66分、ついにメッシがピッチサイドに姿を現し、ネイマールとの交代で新天地デビュー。前線の中央付近にポジションを取り、“偽9番”としての役割でプレーした。メッシは、78分にドリブルを仕掛けエンバペとの連携で守備を崩そうとするも、これはスタッド・ランスの守備に阻まれシュートまでは至らず。人数をかけて守るホームチームを前に、最後まで大きな見せ場は訪れなかった。


 それでもスタッド・ランスに反撃を許さなかったPSGは、このまま2−0で勝利し開幕から4連勝を達成。スター軍団を健闘したスタッド・ランスは力及ばず、開幕から4戦勝利なしとなった。


 次節、スタッド・ランスはアウェイでレンヌと、PSGはホームでクレルモン・フットと対戦する。


【スコア】

スタッド・ランス 0−2 パリ・サンジェルマン


【得点者】

0−1 15分 キリアン・エンバペ(PSG)

0−2 63分 キリアン・エンバペ(PSG)