チェルシーは8月31日、ウェールズ代表DFイーサン・アンパドゥとの契約延長と、ヴェネツィアへのレンタル移籍を発表した。


 チェルシーは現行契約が2022年6月30日までとなっていたアンパドゥと新しく2024年6月30日までとなる3年契約を締結したことを発表。また、2021−22シーズンはセリエA昇格組であるヴェネツィアへレンタル移籍することが決定した。


 現在20歳のアンパドゥは、エクセターの下部組織出身で、2017年7月にチェルシーへと移籍。同年9月20日にカラバオ・カップのノッティンガム・フォレスト戦に17歳6日で出場し、同クラブで8番目に若いデビューを果たした。しかし、負傷の影響もあり、チェルシーでは継続的に出場機会を得ることが難しく、2019年7月にライプツィヒへ、2020年9月にはシェフィールド・Uへレンタル移籍。昨シーズンはプレミアリーグで25試合に出場していた。また、2017年11月にはウェールズ代表デビューも果たし、これまで26試合に出場している。