バイエルンのFWトーマス・ミュラーが、内転筋の問題によりドイツ代表から離脱した。1日にクラブ公式サイトが明かした。


 今夏からドイツ代表を率いるハンジ・フリック監督は、FIFAワールドカップカタール2022欧州予選リヒテンシュタイン代表戦の前日会見でチーム状況に言及。ミュラーの離脱を明言していた。また、足首の問題を抱えているバイエルンのGKマヌエル・ノイアーについては、同監督の初陣となる2日のリヒテンシュタイン戦を欠場すると明かしていた。


「マヌエルは明日(2日)の試合では使えない。ベルント・レノ(アーセナル)が出場するだろう。だが、日曜日の試合(5日のW杯予選アルメニア代表戦)には出場することを想定している」


「トーマス・ミュラーは内転筋に問題を抱えており、早期の回復は見込めない。来週の水曜日(8日のW杯予選アイスランド代表戦)への出場はリスクが高すぎるため、帰還させるのが理に適っている。しかし、私たちには彼の代わりを務める選手が十分にそろっている」