イタリア代表は6日、MFマルコ・ヴェッラッティとMFロレンツォ・ペッレグリーニが負傷でチームを離れることを発表した。


 2日に行われたブルガリア戦でスタメン出場したヴェッラッティは、試合の中で接触によりヒザを痛めた模様。この試合はそのままフル出場を果たしたものの、5日のスイス戦ではベンチスタートとなり、77分からの途中出場となった。重傷ではないと考えられているものの、念のため8日のリトアニア戦を前に、所属するパリ・サンジェルマンへ戻ることとなったようだ。


 なお、イタリア代表からは同時にペッレグリーニもチームを離れ、ローマへ帰還。こちらもコンディションが万全ではなく、無理はさせないという判断となったようだ。