FIFAワールドカップカタール2022欧州予選・グループA第6節が7日に行われ、アゼルバイジャン代表とポルトガル代表が対戦した。


 前節のアイルランド代表戦で2得点を挙げたクリスティアーノ・ロナウドが出場停止により欠場したポルトガルのスタメンには、ブルーノ・フェルナンデスやベルナルド・シウヴァ、ディオゴ・ジョッタらが名を連ねた。


 試合は26分、B・フェルナンデスのクロスに走り込んだB・シウヴァが左足のアウトサイドでダイレクトボレーシュートを放つと、これが左ポストに当たってゴールの中へ。ポルトガルが先制に成功した。


 さらに31分には、再びB・フェルナンデスがクロスを上げると、ファーサイドのジョッタがダイレクトで折り返す。中央で待っていたアンドレ・シウヴァがそのボールを左足で流し込み、リードを2点に広げた。その後、75分にはジョアン・カンセロのクロスにジョッタが頭で合わせ、ダメ押しゴールを記録した。


 試合はこのまま終了し、ポルトガルが3−0でアゼルバイジャンを下した。なお、同日行われたアイルランド代表対セルビア代表の一戦が1−1の引き分けに終わったため、ポルトガルはセルビアを抜いてグループA首位に浮上した。


 次節、アゼルバイジャンは10月9日にホームでアイルランドと、ポルトガルは10月12日にホームでルクセンブルク代表と対戦する。


【スコア】

アゼルバイジャン代表 0−3 ポルトガル代表


【得点者】

0−1 26分 ベルナルド・シウヴァ(ポルトガル)

0−2 31分 アンドレ・シウヴァ(ポルトガル)

0−3 75分 ディオゴ・ジョッタ(ポルトガル)