ヨーロッパカンファレンスリーグ(ECL)・グループステージ第1節が13日、15日、16日に各地で行われた。


 2021−22シーズンから新設されたECLは、チャンピオンズリーグ(CL)、ヨーロッパリーグ(EL)に次ぐ第3の欧州大会。グループの上位2チームが決勝トーナメントに進出し、1回戦では2位通過の8チームがヨーロッパリーグ・グループ3位チームの勝者と対戦する。勝ち上がった8チームが、準々決勝進出をかけてECL・グループ首位の8チームと2回戦で対戦する。


 グループGではトッテナム(イングランド)がレンヌ(フランス)と対戦。11分にルーカス・モウラのクロスがオウンゴールを誘い先制したものの、23分に同点弾を許し追いつかれると、72分にも失点し逆転を許す。しかし、76分にピエール・エミール・ホイビュルクのゴールで追いつき、2−2の引き分けに終わった。


 グループCではローマ(イタリア)とCSKAソフィア(ブルガリア)が対戦。10分に先制を許したものの、25分にロレンツォ・ペッレグリーニのゴールで同点に。38分にステファン・エル・シャーラウィが勝ち越しゴールを奪うと、その後ペッレグリーニ、ジャンルカ・マンチーニ、タミー・アブラハムが追加点を挙げ、5−1で快勝した。


 グループEのMF原口元気とMF遠藤渓太が所属するウニオン・ベルリン(ドイツ)はスラヴィア・プラハ(チェコ)に1−3で敗れた。原口はフル出場、遠藤はベンチ外となった。また、グループDのDF菅原由勢が所属するAZ(オランダ)はラナース(デンマーク)と2−2のドロー。菅原は63分から途中出場した。


 グループAではMF田中亜土夢が所属するHJKヘルシンキ(フィンランド)とFW中村敬斗が所属するLASK(オーストリア)が対戦。アウェイのLASKが2−0で勝利した。田中はベンチ外、中村はベンチ入りしたものの出場機会はなかった。


 そのほか、MF香川真司が所属するPAOK(ギリシャ)はリンカーン・レッド・インプス(ジブラルタル)に2−0で白星スタートを飾った。なお、香川はECLグループステージの登録メンバーから外れている。


 ECLグループステージ第1節の結果は以下の通り。なお、第2節は9月30日に開催される。


▼グループA

マッカビ・テルアビブ(イスラエル) 4−1 アラシュケルト(アルメニア)

HJKヘルシンキ(フィンランド) 0−2 LASK(オーストリア)


▼グループB

フローラ・タリン(エストニア) 0−1 ヘント(ベルギー)

アノルトシス・ファマグスタ(キプロス) 0−2 パルチザン(セルビア)


▼グループC

ボデ・グリムト(ノルウェー) 3−1 ゾリャ・ルハーンシク(ウクライナ)

ローマ(イタリア) 5−1 CSKAソフィア(ブルガリア)


▼グループD

ラナース(デンマーク) 2−2 AZ(オランダ)

ヤブロネツ(チェコ) 1−0 クルジュ(ルーマニア)


▼グループE

マッカビ・ハイファ(イスラエル) 0−0 フェイエノールト(オランダ)

スラヴィア・プラハ(チェコ) 3−1 ウニオン・ベルリン(ドイツ)


▼グループF

リンカーン・レッド・インプス(ジブラルタル) 0−2 PAOK(ギリシャ)

スロヴァン・ブラチスラヴァ(スロヴァキア) 1−3 コペンハーゲン(デンマーク)


▼グループG

ムラ(スロヴェニア) 0−2 フィテッセ(オランダ)

レンヌ(フランス) 2−2 トッテナム(イングランド)


▼グループH

カイラト(カザフスタン) 0−0 オモニア・ニコシア(キプロス)

カラバフ(アゼルバイジャン) 0−0 バーゼル(スイス)