レアル・マドリードはパリ・サンジェルマンのフランス代表FWキリアン・エンバペ獲得失敗時の代替案として、ナポリのナイジェリア代表FWヴィクター・オシムヘンをリストアップしているようだ。29日にスペインメディア『アス』が報じている。


 レアル・マドリードは予てよりパリのエンバペを熱望していた。今夏の獲得は失敗したものの、現在でもリストのトップに残っていて、エンバペとパリの契約が切れるシーズン終了後にフリーで獲得できればレアルの計画通りといえるだろう。


 パリはエンバペとの契約延長に必死になっており、万が一エンバペを獲得できない場合に候補として挙がっているのがオシムヘンだという。オシムヘンは22歳のセンターフォワードで、昨年7月からナポリでプレーしている。今シーズンは特にその活躍に注目が集まっており、ここまで公式戦6試合6ゴールをあげている。


 7000万ユーロの移籍金でリールからナポリに加わったオシムへン。現在ではヨーロッパの数多くのクラブが関心を持っており、レアル以外にもチェルシーやマンチェスター・U、マンチェスター・C、パリ・サンジェルマンの名前が挙げられている。エンバペ獲得の夢が実らなければ、レアルは熾烈な獲得競争からなかなか抜けられないことになりそうだ。