ヨーロッパリーグ(EL)・グループステージ第2節が9月30日に各地で開催された。


 グループGのFW古橋亨梧が所属するセルティック(スコットランド)はレヴァークーゼン(ドイツ)と対戦。ケガで戦列を離れていた古橋は公式戦6試合ぶりに復帰し、先発出場。何度かDFの裏へと抜け出してチャンスを迎えたものの、GKやDFの攻守に阻まれ得点を挙げることはできず。74 分で途中交代となった。試合は0−4でセルティックが敗れ、2連敗となった。


 グループDではMF長谷部誠とMF鎌田大地が所属するフランクフルト(ドイツ)とMF三好康児が所属するアントワープ(ベルギー)による日本人対決が実現。90+1分にゴンサロ・パシエンシアのPK弾が決勝点となり、フランクフルトが1−0で勝利を収め、今季公式戦9試合目にして初勝利を飾った。長谷部は公式戦6試合ぶりに先発出場したものの、右足を負傷した影響で72分に途中交代となった。鎌田は後半開始から、三好は77分からそれぞれ途中出場した。


 グループHのMF伊東純也が所属するヘンク(ベルギー)はディナモ・ザグレブ(クロアチア)に0−3で敗戦。先発出場した伊東は70分までプレーした。同組のFW北川航也が所属するラピード・ウィーン(オーストリア)はウェストハム(イングランド)と対戦し、0−2で敗れた。北川は62分から途中出場した。


 グループCのレスター(イングランド)はアウェイでレギア・ワルシャワ(ポーランド)に0−1で敗戦。同組のナポリ(イタリア)はホームでスパルタク・モスクワ(ロシア)に2−3で敗れた。


 グループBのMF堂安律が所属するPSV(オランダ)はアウェイでシュトゥルム・グラーツ(オーストリア)に4−1で快勝。堂安は先発出場し、65分までプレーした。


 ELグループステージ第2節の結果は以下の通り。なお、第3節は10月19日、20日、21日にかけて開催される。


▼グループA

スパルタ・プラハ(チェコ) 1−0 レンジャーズ(スコットランド)

リヨン(フランス) 3−0 ブレンビー(デンマーク)


1位:リヨン(勝ち点6)

2位:スパルタ・プラハ(勝ち点4)

3位:ブレンビー(勝ち点1)

4位:レンジャーズ(勝ち点0)


▼グループB

シュトゥルム・グラーツ(オーストリア) 1−4 PSV(オランダ)

レアル・ソシエダ(スペイン) 1−1 モナコ(フランス)


1位:PSV(勝ち点4)

2位:モナコ(勝ち点4)

3位:レアル・ソシエダ(勝ち点2)

4位:シュトゥルム・グラーツ(勝ち点0)


▼グループC

レギア・ワルシャワ(ポーランド) 1−0 レスター(イングランド)

ナポリ(イタリア) 2−3 スパルタク・モスクワ(ロシア)


1位:レギア・ワルシャワ(勝ち点6)

2位:スパルタク・モスクワ(勝ち点3)

3位:ナポリ(勝ち点1)

4位:レスター(勝ち点1)


▼グループD

フェネルバフチェ(トルコ) 0−3 オリンピアコス(ギリシャ)

アントワープ(ベルギー) 0−1 フランクフルト(ドイツ)


1位:オリンピアコス(勝ち点6)

2位:フランクフルト(勝ち点4)

3位:フェネルバフチェ(勝ち点1)

4位:アントワープ(勝ち点0)


▼グループE

マルセイユ(フランス) 0−0 ガラタサライ(トルコ)

ラツィオ(イタリア) 2−0 ロコモティフ・モスクワ(ロシア)


1位:ガラタサライ(勝ち点4)

2位:ラツィオ(勝ち点3)

3位:マルセイユ(勝ち点2)

4位:ロコモティフ・モスクワ(勝ち点1)


▼グループF

ブラガ(ポルトガル) 3−1 ミッティラン(デンマーク)

ルドゴレツ(ブルガリア) 0−1 ツルヴェナ・ズヴェズダ(セルビア)


1位:ツルヴェナ・ズヴェズダ(勝ち点6)

2位:ブラガ(勝ち点3)

3位:ルドゴレツ(勝ち点1)

4位:ミッティラン(勝ち点1)


▼グループG

フェレンツヴァーロシュ(ハンガリー) 1−3 ベティス(スペイン)

セルティック(スコットランド) 0−4 レヴァークーゼン(ドイツ)


1位:レヴァークーゼン(勝ち点6)

2位:ベティス(勝ち点6)

3位:フェレンツヴァーロシュ(勝ち点0)

4位:セルティック(勝ち点0)


▼グループH

ウェストハム(イングランド) 2−0 ラピード・ウィーン(オーストリア)

ヘンク(ベルギー) 0−3 ディナモ・ザグレブ(クロアチア)


1位:ウェストハム(勝ち点6)

2位:ディナモ・ザグレブ(勝ち点3)

3位:ヘンク(勝ち点3)

4位:ラピード・ウィーン(勝ち点0)