UEFAネーションズリーグ2020−21準決勝が6日に行われ、イタリア代表とスペイン代表が対戦した。


 同カードとなった今夏に行われたEURO2020準決勝ではPK戦の末にイタリアが勝利。決勝ではイングランド代表を下して53年ぶり2度目の優勝を飾っていた。イタリアのサン・シーロで行われたネーションズリーグ準決勝はリベンジを狙うスペインが17分に先制に成功した。左サイドを突破したミケル・オヤルサバルがアーリークロスを送ると、フェラン・トーレスが右足ダイレクトボレーで合わせた。


 追いかけるイタリアは35分、ジョルジーニョのスルーパスから左サイドを抜け出したエメルソンが中へ折り返すと、走り込んだロレンツォ・インシーニェが決定機を迎えたものの、シュートは枠を捉えることができず。すると、42分には抗議によりイエローカードを一枚貰っていたレオナルド・ボヌッチが、肘打ちで2枚目のイエローカードを提示されて退場となった。


 数的有利となったスペインは45+2分、オヤルサバルのクロスからF・トーレスが今度は頭で押し込み追加点をマーク。スペインの2点リードで前半を折り返した。


 イタリアは83分、相手CKを跳ね返すと、ジェレミ・ピノの頭でのバックパスをフェデリコ・キエーザがカット。相手ゴール前まで独走し、GKをギリギリまで引きつけると、最後は並走していたロレンツォ・ペッレグリーニへとパスをして、ペッレグリーニが押し込み1点を返した。


 しかし、イタリアの反撃はここまで。EURO2020のリベンジを達成したスペインが決勝進出を果たした。一方、敗れたイタリアは37試合連続無敗で世界記録を更新中だったが、2018年9月10日のポルトガル戦(0−1で敗戦)以来、約3年ぶりとなる黒星を喫した。


 準決勝もう1試合となるベルギー代表対フランス代表の一戦は7日に開催。決勝と3位決定戦はともに10日に行われる予定となっている。


【スコア】

イタリア代表 1−2 スペイン代表


【得点者】

0−1 17分 フェラン・トーレス(スペイン)

0−2 45+2分 フェラン・トーレス(スペイン)

1−2 83分 ロレンツォ・ペッレグリーニ(イタリア)