日本代表のDF吉田麻也(サンプドリア/イタリア)が試合後の取材に応じコメントした。


 日本代表は7日、FIFAワールドカップカタール2022アジア最終予選グループB第3節でサウジアラビア代表と対戦した。


 試合は白熱した展開を見せたが、後半に入り柴崎岳と吉田麻也のパスのずれをさらわれて先制を許し、終盤にかけて猛攻を見せたものの牙城を崩せず0−1で敗れた。


 試合後インタビューに応じた吉田はまず、「次勝つしかないですね。もちろん全く足りていないですけど、次のことを考えるしかない。オーストラリアに勝つしかないと思っていますし、サウジへの借りはホームで絶対に返したいなと思っています」と率直に試合を振り返った。


 続けて「ミスが起こってしまったのはしょうがない。それも含めサッカーですし、それよりも0−0の時に点が取れなかったことが問題だと思います。よく我慢したと思いますけど、あの1個だけで、相手に形を作らせることもなかったと思いますけど、これが最終予選だと思います。もちろん、僕たちも、見ている方も満足できる内容ではなかったと思いますけど、予選が終わったわけではないですし、次に切り替えて、絶対に勝ちたいと思います」と失点シーンを振り返った。


 また、今後も続く予選に向けて、主将として吉田は次のようにコメント。「責任を取る覚悟ができている」と語った。


「頭の中をしっかり切り替えて、移動含めてリカバリーが勝負になると思うので、いいコンディションでオーストラリアを迎えないといけないですし、確実にホームで勝ち点3を取らないといけない。もちろん批判されることはわかっていますが、繰り返しになりますが、まだ終わったわけではないので、終わった時にジャッジしてもらえばいいなと思います」


「その時に結果が出なければ、もちろん協会、監督、選手も責任を取る覚悟ができていると思うので、終わった時に判断してもらえればと思います」


「前を向いて背中を押していくしかないと思いますし、自分が突き進んで味方を引っ張っていかないといけないと思います」