FIFAワールドカップカタール2022欧州予選・グループI第8節が12日に行われ、イングランド代表とハンガリー代表が対戦した。


 イングランドはここまで6勝1分と無敗を維持。FWハリー・ケイン、FWラヒーム・スターリング、FWジャック・グリーリッシュの3トップに加え、MFフィル・フォーデンやMFデクラン・ライスらが先発に起用された。一方、EURO2020でフランス代表やドイツ代表と引き分けるなど”死の組”でダークホースの存在となったハンガリー代表。欧州予選ではここまで3勝1分3敗で4位となっている。


 試合は立ち上がりからイングランドがボールを支配。すると24分に試合が動く。ハンガリーのMFサボルチ・ショーンが右サイドからゴール前にクロスを上げる。ルーク・ショーがボールをクリアすると、ショーの振り上げた足がロイク・ネゴの顔に当たる。これがエリア内だったと判定され、ハンガリーにペナルティキック(PK)が与えられる。


 PKのキッカーを務めたロランド・サライは、GKの逆をつく左にシュートに放ち、ゴールネットを揺らした。ハンガリーが先制に成功する。


 追いつきたいイングランドは37分、右サイドでグリーリッシュが倒されてフリーキックを獲得。キッカーのフォーデンがクロスを上げると、ジョン・ストーンズがファーで合わせ、ゴール左に押し込んだ。イングランドが同点に追いつく。前半は1−1で終わり、後半に入る。


 イングランドは62分に右コーナーキックを得ると、フォーデンがクロスを供給。これをストーンズが頭で合わせる。同点場面と同じ形での得点かと思われたが、ボールはわずかに左へそれる。


 ハンガリーは84分、ブカヨ・サカからナジ・ジョルトがボールを奪い、こぼれ球を拾ったフィリプ・ホレンデルがペナルティエリア左に入り、シュートまで運ぶ。しかし、枠の上に飛ぶ。


 このまま試合は終了し、ハンガリーは枠内シュート1本のみに留まった。イングランドとハンガリーの一戦は1−1の引き分けに終わった。次節、イングランドは11月12日にアルバニア代表と対戦し、ハンガリーはサンマリノ代表と対戦する。


【スコア】

イングランド代表 1−1 ハンガリー代表


【得点者】

24分 ロランド・サライ/PK(ハンガリー代表)

37分 ジョン・ストーンズ(イングランド代表)