FIFAワールドカップ(W杯)カタール2022奥州予選グループA第8節が12日に行われ、ポルトガル代表はホームにルクセンブルク代表を迎えた。


 ポルトガルは6分にベルナルド・シルヴァがファウルを受けてPKを獲得。クリスティアーノ・ロナウドがこれを真ん中に流し込んであっという間に先制に成功した。このゴールでクリスティアーノ・ロナウドは代表通算113ゴールとなり代表最多得点記録を更新した。続く10分にもポルトガルにPKの笛が鳴り、再びクリスティアーノ・ロナウドがこれを沈めた。


 試合巧者となったポルトガルは18分、ブルーノ・フェルナンデスがエリア内に侵入したベルナルド・シルヴァのスルーパスを受けるとそのまま右足一閃。この試合初の流れからの得点となり、ブルーノ・フェルナンデスにとっては最終予選で初ゴールとなった。


 序盤こそ得点ラッシュが続いたポルトガル。終始ゲームを支配し続けたものの、その後はゴールを割ることができない。一方のルクセンブルクはシュート0で後半へと折り返す。


 ポルトガルは62分、ヌーノ・メンデスのクロスにブルーノ・フェルナンデスが飛び込むがミートせず惜しくも決定機を物に出来ない。68分にもクリスティアーノ・ロナウドがオーバーヘッドのチャンスを迎えるが相手GKの好セーブに阻まれる。


 それでもその直後、コーナーキックからジョアン・パリーニャが頭で合わせてゴールネットを揺らした。


 ポルトガルは試合終盤の87分、ルベン・ネヴェスのふわりと浮かせたフィードにクリスティアーノ・ロナウドが頭でコースを変えて5点目。ロナウドはハットトリックを達成した。


 試合はそのまま終了し、ホームのポルトガルが一切手を抜かず5−0で快勝。6試合を終えて5勝1敗のポルトガルは、1試合多く消化しているセルビアと勝ち点差1で2位につけている。


【スコア】

ポルトガル代表 5−0 ルクセンブルク代表


【得点者】

1−0 8分 クリスティアーノ・ロナウド(PK/ポルトガル代表)

2−0 13分 クリスティアーノ・ロナウド(PK/ポルトガル代表)

3−0 18分 ブルーノ・フェルナンデス(ポルトガル代表)

4−0 69分 ジョアン・パリーニャ(ポルトガル代表)

5−0 87分 クリスティアーノ・ロナウド(ポルトガル代表)