プレミアリーグ第8節が16日に行われ、ブレントフォードとチェルシーが対戦した。


 ブレントフォードは22分、右サイドからセルジ・カニョスが供給したクロスをイーサン・ピノックがヘディングで折り返す。ゴール前のクリスティアン・ノアゴールが頭で落とすと、ペナルティエリア左のブライアン・ムベウモが合わせたが、シュートは左のポストに阻まれる。九死に一生を得たチェルシーは同場面からカウンターを展開し、最後はティモ・ヴェルナーの折り返しにロメル・ルカクが合わせてネットを揺らしたが、これはオフサイドでゴールは認められない。


 45分、チェルシーが先制に成功する。ペナルティエリア右からセサル・アスピリクエタが送ったクロスにルカクは合わせられなかったが、こぼれ球にベン・チルウェルが反応。抑えの効いたボレーシュートを放ち、ゴール左上に突き刺した。チェルシーは1点リードで折り返す。


 後半立ち上がりはチェルシーのペースで試合が進んだが、ブレントフォードも徐々に盛り返し、終盤は完全に主導権を掌握。73分にロングスローの流れからイヴァン・トニーの放ったボレーシュートが相手GKエドゥアール・メンディに防がれると、75分には巧みなパス回しから抜け出したムベウモのシュートが右のポストに弾かれる。


 ブレントフォードは83分、ペナルティエリア右からサマン・ゴドスが放ったシュートが相手GKメンディに阻まれる。さらにこぼれ球を回収したノアゴールが流し込もうとしたが、カバーに入った相手DFトレヴォ・チャロバーにクリアされた。


 後半アディショナルタイム3分には、ノアゴールが左からのクロスを収めて豪快なオーバーヘッドシュートを放つ。しかし、メンディが手で触ると、ボールはクロスバーにも当たって枠を外れた。


 ブレントフォードの猛攻は実らず、試合はチェルシーがリードを守り切ったまま終了。ブレントフォードは4試合ぶりの黒星で今季2敗目。チェルシーは2連勝で首位をキープした。


 次節、ブレントフォードは24日にレスターと対戦。チェルシーはチャンピオンズリーグのマルメ戦を挟んで、23日にノリッジと対戦する。


【スコア】

ブレントフォード 0−1 チェルシー


【得点者】

0−1 45分 ベン・チルウェル(チェルシー)