ヨーロッパリーグ(EL)・グループG第3節が19日に行われ、セルティック(スコットランド)とフェレンツヴァーロシュ(ハンガリー)が対戦。FW古橋亨梧は先発出場を果たし、86分までプレーした。


 スコアレスで迎えた後半、57分にセルティックが古橋のゴールで先制に成功する。ジョアン・フィリペ(ジョタ)がロングフィードを供給すると古橋がワンタッチで完璧なトラップを披露。そのままトップスピードで上がると、GKの位置を見定めて狙った2タッチ目のシュートはゴール右に吸い込まれてネットを揺らした。


 セルティックは81分にデイヴィッド・ターンブルがゴールにねじ込んで2点差としてそのまま試合終了。EL3試合目にして初白星を飾った。


【スコア】

セルティック 2−0 フェレンツヴァーロシュ


【得点者】

1−0 57分 古橋亨梧(セルティック)

2−0 81分 デイヴィッド・ターンブル(セルティック)