チャンピオンズリーグ(CL)・グループD第3節が19日に行われ、シャフタール(ウクライナ)とレアル・マドリード(スペイン)が対戦した。


 前節ホームでシェリフ・ティラスポリに敗れたレアルは、負傷から戻ってきた左SBのフェルランド・メンディが先発に復帰。前線にはロドリゴが起用され、ヴィニシウス・ジュニオールとの両翼を形成した。


 試合はレアルペースで迎えた37分、ルーカス・バスケスがカリム・ベンゼマを目掛けてアーリークロスを上げると、手前でクリアしようとしたセルゲイ・クリフツォフの蹴ったボールはそのままゴールへ。ゲームの主導権を握るレアルがオウンゴールで先制に成功し、1点のリードを得て前半を折り返す。


 後半に入って51分、レアルはベンゼマが左サイドからボールを持ち運び、中央のルカ・モドリッチへパス。そこからモドリッチがダイレクトでゴール前にラストパスを送ると、走り込んだヴィニシウスがトラップからループシュートでゴールを揺らし、華麗な崩しでレアルが追加点を手にした。


 さらに続く56分には、ヴィニシウスが左サイドから単独で仕掛けると、シザースやキックフェイントを使ってDF3人を見事にかわしてゴール前まで侵入。そのまま左足でシュートを打ってゴールを陥れ、この日2得点目をあげた。そして65分には、ベンゼマのボールに抜け出したヴィニシウスが中央へ折り返すと、最後はロドリゴが左足で合わせて試合を決定づける4ゴール目をあげた。


 アディショナルタイムの90+1分には、マルコ・アセンシオがクロスをあげると、中央でベンゼマがフリーに。落ち着いたトラップから右足で流し込み、ダメ押しの5ゴール目を奪った。


 試合はこのまま終了し、ヴィニシウスの躍動もあって敵地で5ゴールをあげたレアルが今大会2勝目をあげた。


【スコア】

シャフタール 0−5 レアル・マドリード


【得点者】

0−1 37分 セルゲイ・クリフツォフ(オウンゴール/レアル・マドリード)

0−2 51分 ヴィニシウス・ジュニオール(レアル・マドリード)

0−3 56分 ヴィニシウス・ジュニオール(レアル・マドリード)

0−4 65分 ロドリゴ(レアル・マドリード)

0−5 90+1分 カリム・ベンゼマ(レアル・マドリード)