23日と24日にかけて、明治安田生命J2リーグ第35節が各地で行われた。


 前節終了時点で3位のヴァンフォーレ甲府は、4位のV・ファーレン長崎との上位対決を迎えた。試合は開始3分で長崎は先制し、11分に甲府が同点に追いつく展開。そして1−1のまま迎えた後半、甲府はFWウィリアン・リラのゴールで逆転に成功した。試合は2−1で終了し、甲府がJ1昇格に向け大きな白星を手にしている。


 2位の京都サンガF.C.は、ホームにレノファ山口FCを迎えての一戦。0−0で迎えた後半立ち上がりに京都が先制点を記録するも、山口は79分にFW草野侑己のゴールで同点に追いつく。結局試合は1−1のまま終了し、首位追撃を目指す京都としては手痛い引き分けとなった。


 その首位に立つジュビロ磐田は、ホームで愛媛FCと対戦した。5バックで気味の守備を強いた愛媛に対して、磐田は37分にMF鈴木雄斗のゴールで先制して前半を終える。迎えた後半、愛媛は69分と71分に立て続けにゴールを奪い逆転に成功。しかし、磐田も74分に鈴木がこの日2点目のゴールを決め、結局試合は2−2の引き分けに終わった。磐田は2戦連続の引き分けを喫するも、今節も首位をキープしている。


 第35節の試合結果と順位表、また次節の対戦カードは以下の通り。


■試合結果

モンテディオ山形 1−0 ザスパクサツ群馬

大宮アルディージャ 3−1 ギラヴァンツ北九州

ヴァンフォーレ甲府 2−1 V・ファーレン長崎

アルビレックス新潟 1−2 ブラウブリッツ秋田

ジュビロ磐田 2−2 愛媛FC

水戸ホーリーホック 1−1 ファジアーノ岡山

東京ヴェルディ 1−5 ジェフユナイテッド千葉

FC町田ゼルビア 0−0 栃木SC

京都サンガF.C. 1−1 レノファ山口FC

SC相模原 1−1 ツエーゲン金沢

松本山雅FC 1−2 FC琉球


■順位表

※()内は勝ち点/得失点差

1位 磐田(74/+27)

2位 京都(72/+25)

3位 甲府(66/+23)

4位 長崎(62/+15)

5位 新潟(61/+22)

6位 山形(61/+12)

7位 町田(59/+21)

8位 琉球(55/+10)

9位 千葉(53/+7)

10位 水戸(50/+9)

11位 岡山(45/+2)

12位 東京V(44/−12)

13位 秋田(42/−5)

14位 栃木(38/−10)

15位 大宮(37/−2)

16位 山口(34/−15)

17位 群馬(34/−17)

18位 金沢(33/−17)

19位 愛媛(33/−23)

20位 北九州(31/−23)

21位 松本(31/−31)

22位 相模原(30/−18)


■次節の対戦カード

▼10月30日(土)

13:00 秋田 vs 金沢

14:00 群馬 vs 松本

14:00 大宮 vs 磐田

14:00 千葉 vs 山口

14:00 愛媛 vs 京都

14:00 北九州 vs 相模原

14:00 長崎 vs 水戸

15:00 東京V vs 甲府

18:30 琉球 vs 町田

▼10月31日(日)

13:00 岡山 vs 新潟

14:00 栃木 vs 山形