チャンピオンズリーグ(CL)・グループE第5節が23日に行われ、ディナモ・キエフ(ウクライナ)とバイエルン(ドイツ)が対戦した。


 バイエルンは14分、ベンジャマン・パヴァールのミドルシュートが相手DFに当たってボールが宙に浮くと、ロベルト・レヴァンドフスキがオーバーヘッド。エースの技ありシュートはゴールネットを揺らしてバイエルンが華麗な先制弾を挙げた。レヴァンドフスキはこれで今季のチャンピオンズリーグで5試合連続でゴールを記録しており、今大会では9得点目となる。


 バイエルンは29分、味方のバックパスをGKマヌエル・ノイアーが珍しいキックミス。あわやオウンゴールの場面となったが、ボールはポストに当たり失点を免れた。


 それでもバイエルンは42分、エリア内右でフリーで受けたコマンがそのまま右足を振りぬいて強烈な2点目を突き刺した。


 2点リードのバイエルンは47分、立て続けにシュートを浴びるがどちらもGKノイアーがセーブ。守護神の活躍でゴールを割らせない。


 しかし70分、ディナモ・キエフはヴィクトル・ツィガンコフのスルーパスにデニス・ハルマシュが反応。ハルマシュはそのままGKとの1対1を流し込んで1点を返した。


 試合はそのまま終了し、アウェイのバイエルンが2−1でディナモ・キエフに勝利。この結果、バイエルンは首位でのグループ通過が決定した。なお、ディナモ・キエフは3位以下が確定し、CL敗退が決定。ヨーロッパリーグへの出場権はこの後行われるバルセロナとベンフィカの結果にゆだねられることとなった。


【スコア】

ディナモ・キエフ 1−2 バイエルン


【得点者】

0−1 14分 ロベルト・レヴァンドフスキ(バイエルン)

0−2 42分 キングスレイ・コマン(バイエルン)

1−2 70分 デニス・ハルマシュ(ディナモ・キエフ)