明治安田生命J2リーグ第41節が28日に各地で行われた。


 J1昇格をすでに決めている首位のジュビロ磐田はザスパクサツ群馬とのアウェーゲームに臨み、スコアレスドロー決着。一方で2位の京都サンガF.C.もアウェーでジェフユナイテッド千葉と対戦して、こちらもスコアレスドロー決着だったため、勝ち点5差は変わらず、最終節を残しての優勝が決まった。勝ち点1を積んだ京都も3位ヴァンフォーレ甲府との勝ち点差が4となり、2010年シーズン以来となるJ1昇格が決まった。


 残留争いでは最下位の松本山雅FCは18位SC相模原と対戦。終盤に先制点を奪われ、96分に同点とする粘りを見せたが順位は最下位のまま。2012年にJFLからJ2に昇格して以降、初のJ3降格が決定した。


 21位の愛媛FCは水戸ホーリーホックと対戦。17分に内田健太の得点で先行したが、後半に2失点して敗戦。勝ち点34のままで20位以下が確定してJ3降格が決まった。2006年にJFLからJ2に昇格して以降、こちらも初のJ3となる。


 19位のツエーゲン金沢はモンテディオ山形に2−1で勝利し、勝ち点を40に伸ばして17位に浮上して降格圏を脱出。17位の大宮アルディージャはFC町田ゼルビアと引き分けて18位に順位を下げた。


 20位のギラヴァンツ北九州は栃木SCに1−2で敗れて勝ち点35のまま。J3の最終順位によって残留の可能性がある19位に浮上する可能性を最終節に残してはいるが、得失点差が-27と大きく離れており、J2残留はかなり厳しい状況となった。


 今節の試合結果と順位表、また次節の対戦カードは以下の通り。


■試合結果

秋田 1−4 東京V

相模原 1−1 松本

琉球 1−1 新潟

水戸 2−1 愛媛

群馬 0−0 磐田

千葉 0−0 京都

町田 0−0 大宮

金沢 2−1 山形

山口 0−1 甲府

北九州 1−2 栃木

長崎 0−1 岡山


■順位表

※()内は勝ち点/得失点差

1位 磐田(88/+32) 

2位 京都(83/+28)

3位 甲府(79/+27)

4位 長崎(75/+24)

5位 町田(69/+24)

6位 新潟(68/+23)

7位 山形(65/+8)

8位 千葉(63/+10)

9位 琉球(62/+9)

10位 岡山(59/+6)

11位 水戸(58/+9)

12位 東京V(55/−7)

13位 秋田(47/−11)

14位 栃木(45/−13)

15位 山口(42/−14)

16位 群馬(41/−19)

17位 金沢(40/−21)

18位 大宮(39/−7)

19位 相模原(38/−18)

20位 北九州(35/−27)

21位 愛媛(34/−29)

22位 松本(34/−34)


■第42節の対戦カード

▼12月5日(日)

13:00 山形 vs 北九州

13:00 栃木 vs 琉球

13:00 大宮 vs 群馬

13:00 東京V vs 相模原

13:00 甲府 vs 水戸

13:00 松本 vs 長崎

13:00 新潟 vs 町田

13:00 磐田 vs 秋田

13:00 京都 vs 金沢

13:00 岡山 vs 千葉

13:00 愛媛 vs 山口