プレミアリーグ第35節が2日に行われ、マンチェスター・Uが本拠地“オールド・トラッフォード”にブレントフォードを迎えた。


 マンチェスター・Uにとって、今季のホーム最終戦となる一戦。マンチェスター・Uはラファエル・ヴァラン、ブルーノ・フェルナンデス、クリスティアーノ・ロナウドらが先発に名を連ねた。フアン・マタは今季のプレミアリーグで初スタメンを飾っている。


 試合は序盤からマンチェスター・Uのペースで進む。8分、ディオゴ・ダロトの浮き球スルーパスから、アンソニー・エランガが相手DFの背後を付く。持ち前のスピードを活かして中央へ折り返すと、走り込んできたB・フェルナンデスが右足でフィニッシュ。B・フェルナンデスの一撃で、序盤から試合を優位に進めたマンチェスター・Uが先手を取った。


 22分にはブレントフォードにチャンス。敵陣左サイドでボールを持ったクリスティアン・エリクセンがインスイングのクロスボールを送ると、イヴァン・トニーが頭で合わせる。しかし、シュートはわずかに枠の外へ。


 32分には再びマンチェスター・U。右サイドでボールを繋ぐと、C・ロナウドがマタとのワンツーで右サイドを突破。相手DFを引きつけてパスを送ると、マイナスで空いていたのはマタ。右足で狙うも、シュートは枠を捉えられなかった。


 このままマンチェスター・Uのペースで進むと、前半終了間際の44分、B・フェルナンデスとの連携からマタが左サイドを突破。中央へとグラウンダーのボールを供給すると、C・ロナウドが右足でネットを揺らした。しかし、C・ロナウドの立ち位置がVARでオフサイドと判定され。ゴールは取り消しに。


 マンチェスター・Uのリードで折り返した後半も、試合の様相は変わらない。59分、ダロトのロングスルーパスにC・ロナウドが反応する。右サイドへ流れてボールを収めると、ペナルティエリア内に侵入して相手DFのファウルを誘発。ここで得たPKをC・ロナウド自身が落ち着いて沈め、貴重な追加点をマークした。


 続く72分、アレックス・テレスが蹴った右コーナーキックはヴァランの元へ。ヴァランは相手DFを背負いながら右足で押し込み、マンチェスター・Uがリードを広げた。


 試合はこのままタイムアップ。4試合ぶりに勝利したマンチェスター・Uは、来季チャンピオンズリーグ(CL)出場圏内の4位以内に入る可能性をわずかながらも残す結果となった。


 次節は7日に行われ、マンチェスター・Uは敵地でブライトンと、ブレントフォードはホームでサウサンプトンと対戦する。


【スコア】

マンチェスター・U 3−0 ブレントフォード


【得点者】

1−0 9分 ブルーノ・フェルナンデス(マンチェスター・U)

2−0 61分 クリスティアーノ・ロナウド(PK/マンチェスター・U)

3−0 72分 ラファエル・ヴァラン(マンチェスター・U)


【スターティングメンバー】

マンチェスター・U(4−2−3−1)

GK:デ・ヘア

DF:ダロト、リンデロフ、ヴァラン、テレス

MF:マクトミネイ、マティッチ(71分 フレッジ)、エランガ(75分 カバーニ)、マタ(75分 フィル・ジョーンズ)、B・フェルナンデス

FW:C・ロナウド