スコティッシュ・プレミアシップ第36節が7日に行われ、日本人4選手が所属するセルティックとハート・オブ・ミドロシアン(ハーツ)が対戦した。FW古橋亨梧とFW前田大然が先発出場し、MF旗手怜央はベンチスタート。MF井手口陽介はベンチメンバーから外れた。


 首位セルティックは前節、2位レンジャーズとの“オールドファーム”で引き分け、両者の勝ち点差「6」のまま残り3試合に突入。勝てば優勝に王手をかける状況で試合を迎えたが、開始早々の3分に相手の先制を許して追いかける展開となる。


 セルティックは28分、カラム・マグレガーのグラウンダーでの折り返しに古橋が合わせるが、シュートは相手GKクレイグ・ゴードンに防がれる。それでも30分、ピッチ中央からペナルティエリア右までドリブルで運んだジョタが折り返すと、前田が押し込んでネットを揺らした。前田は今季公式戦8点目となった。


 さらに37分、セルティックが逆転に成功する。左サイドからマット・オライリーがクロスを送り、ジョタが頭で折り返すと、古橋がヘディングで押し込んだ。古橋は2試合ぶりの得点でリーグ戦10得点目、公式戦では18ゴール目となった。


 リードで折り返したセルティックは、64分に前田や古橋らを下げ、旗手ら3選手を投入する。


 セルティックは69分、オライリーがネットを揺らして点差を広げる。78分にはスルーパスに抜け出したジョタが4点目を決めたかに思われたが、これはオフサイドで認められない。86分には旗手がミドルシュートを放つが、ゴール左下を狙った一撃はわずかに枠を外れる。


 それでも、90分にはギオルゴス・ギアクマキスがダメ押しの4点目をマーク。4−1で勝利したセルティックは2試合ぶりの白星を収め、2シーズンぶり52回目のトップリーグ優勝に王手をかけた。8日に行われる試合で2位レンジャーズがダンディー・ユナイテッドに引き分け以下の場合、残り2試合で勝ち点差が「8」または「9」となり、セルティックのリーグ制覇と来季のチャンピオンズリーグ本戦出場が決定する。


 次節は10日に行われ、セルティックはアウェイでダンディー・Uと対戦する。


【スコア】

セルティック 4−1 ハート・オブ・ミドロシアン


【得点者】

0−1 3分 エリス・シムズ(ハーツ)

1−1 30分 前田大然(セルティック)

2−1 37分 古橋亨梧(セルティック)

3−1 69分 マット・オライリー(セルティック)

4−1 90分 ギオルゴス・ギアクマキス(セルティック)



【動画】セルティックの前田&古橋がアベック弾!