日本サッカー協会(JFA)は9日、同日から千葉県内で活動を開始するU−21日本代表候補のメンバー変更を発表した。


 発表によると、サガン鳥栖に所属するMF本田風智や横浜F・マリノスに所属するMF藤田譲瑠チマら6選手がケガなどを理由に代表活動を辞退。それに伴い、柏レイソルに所属するMF鵜木郁哉や鹿島アントラーズに所属するFW染野唯月ら5選手を追加招集すると伝えている。

 

 以下、リリース通り。


■不参加選手

MF 松村優太(鹿島アントラーズ)ケガのため

MF 本田風智(サガン鳥栖)コンディション不良のため

MF 松岡大起(清水エスパルス)ケガのため

MF 鈴木唯人(清水エスパルス)ケガのため

MF 藤田譲瑠チマ(横浜F・マリノス)クラブ事情のため

FW 藤尾翔太(徳島ヴォルティス)ケガのため


■追加招集選手

MF 鵜木郁哉(柏レイソル)

MF 柴山昌也(大宮アルディージャ)

MF 三戸舜介(アルビレックス新潟)

FW 染野唯月(鹿島アントラーズ)

FW 小堀空(栃木SC)