サガン鳥栖は10日、トップチーム選手2名が新型コロナウイルス感染症の陽性判定を受けたことを発表した。


 発表によると、9日にJリーグによる定期抗原定性検査を受検したところ、当該選手Aの陽性判定が確認。その後、医療機関にてPCR検査を受検し同様に陽性判定が確認されたという。当該選手Aの陽性判定を受けて、同日にトップチーム関係者がPCR検査を受検し、新たに1名(当該選手B)の陽性が確認。当該選手2名は現在、適切な対策のもと、療養しているようだ。


 なお、Jリーグ独自の基準による濃厚接触疑い者についてクラブ内に該当者はいないことも明らかにしている。


 鳥栖はクラブ公式サイトを通じ、「クラブでは、これまで取り組んできた新型コロナウイルス感染症対策をさらに強化し、選手、スタッフ、関係者全員に再度、感染症防止策の周知、徹底を図ってまいります」とコメントしている。