明治安田生命J1リーグ第13節が、13日と14日に行われた。


 13日に行われたフライデーナイトJリーグでは、浦和レッズとサンフレッチェ広島が対戦。とも決定機を生かせず、スコアレスドローに終わった。浦和はクラブ史上初の3試合連続スコアレスドローとなり、クラブ史上最長タイの5試合連続ドローとなった。


 開幕11戦未勝利のヴィッセル神戸は、ホームでサガン鳥栖と対戦。2分にアンドレス・イニエスタが先制点を挙げると、14分にイニエスタが汰木康也の追加点をお膳立て。武藤嘉紀と大迫勇也にもゴールが生まれ、4−0の快勝でついにトンネルを脱出した。


 首位鹿島アントラーズは、ホームで北海道コンサドーレ札幌と対戦。上田綺世が6分に先制点を挙げると、鈴木優磨の2ゴールなど3点を加え、4−1の快勝を収めた。鹿島を勝ち点差2で追う川崎フロンターレも、遠野大弥と車屋紳太郎の今季初ゴールでアビスパ福岡に2−0で勝利した。


 横浜F・マリノスは湘南ベルマーレと敵地で対戦。GK高丘陽平が再三にわたり相手の決定機を防ぐと、攻撃陣は相手との決定力の違いを見せつけて4ゴールを奪取。4−1で“神奈川ダービー”を制し、今季初のリーグ戦3連勝を収めた。


 名古屋グランパスは開始6分に生まれた仙頭啓矢の先制ゴールを守り抜き、ホームでセレッソ大阪を撃破。7試合ぶりの白星を手にした。ジュビロ磐田はFC東京との接戦を2−1で制し、3試合ぶりの白星で今季3勝目。FC東京は今季初の3連敗を喫した。


 柏レイソルはクラブ創立30周年記念の試合でガンバ大阪と対戦し、71分にセットプレーから失点を喫して0−1で敗れた。トップチームの複数名に新型コロナウイルス陽性者が出ながらも敵地から勝ち点3を持ち帰ることに成功したG大阪は、今季初の連勝を収めた。


 今節の試合結果と順位表、今後の対戦カードは以下の通り。


◆■試合結果

▼5月13日(金)

浦和レッズ 0−0 サンフレッチェ広島


▼5月14日(土)

ジュビロ磐田 2−1 FC東京

名古屋グランパス 1−0 セレッソ大阪

京都サンガF.C. 0−0 清水エスパルス

鹿島アントラーズ 4−1 北海道コンサドーレ札幌

ヴィッセル神戸 4−0 サガン鳥栖

川崎フロンターレ 2−0 アビスパ福岡

湘南ベルマーレ 1−4 横浜F・マリノス

柏レイソル 0−1 ガンバ大阪


◆■順位表

※()内は勝ち点/得失点差


1位 鹿島(28/+8)

2位 川崎F(26/+7)※1試合未消化

3位 横浜FM(24/+10)※1試合未消化

4位 柏(20/+1)

5位 鳥栖(19/+4)

6位 広島(18/+3)

7位 FC東京(18/−1)

8位 C大阪(17/+1)

9位 京都(17/+1)

10位 G大阪(17/0)

11位 札幌(17/−4)

12位 福岡(15/+1)

13位 名古屋(14/−3)

14位 磐田(14/−4)

15位 清水(13/−3)

16位 浦和(12/+1)※1試合未消化

17位 神戸(7/−9)※1試合未消化

18位 湘南(7/−13)


◆■今後の対戦カード

【第11節延期分】

▼5月18日(水)

19:00 神戸 vs 川崎F

19:30 浦和 vs 横浜FM


【第14節】

▼5月21日(土)

13:00 広島 vs 京都

14:00 清水 vs 名古屋

14:00 C大阪 vs G大阪

15:00 FC東京 vs 柏

15:00 湘南 vs 神戸

17:00 浦和 vs 鹿島

17:00 鳥栖 vs 川崎F

19:00 福岡 vs 横浜FM


▼5月22日(土)

15:00 磐田 vs 札幌