アルビレックス新潟は14日、トップチーム選手1名が新型コロナウイルス感染症の陽性診断を受けたと発表した。


 クラブの発表によると、当該選手は13日までチーム活動に参加しており、同日に実施したクラブ独自の抗原検査では陰性判定に。その後、再度スクリーニングのためにクラブ独自のPCR検査を実施し、精査が必要と判断されていた。医療機関でPCR検査を受検し、同日午後に陽性診断を受けた。現在、当該選手は適切な対策のもとで療養している。


 なお、新潟は11日にトップチーム選手1名、12日にトップチーム選手3名が陽性となったことを発表していた。引き続き、Jリーグ新型コロナウイルス感染症ガイドラインに基づき、濃厚接触疑いのある選手は自主隔離しているという。


 新潟は15日に明治安田生命J2リーグ第16節のFC町田ゼルビア戦を控えている。クラブは同試合について「Jリーグ規約等に基づき、試合当日にスクリーニング検査を実施したうえで、条件を満たした選手・スタッフで出場いたします」と伝えた。