プレミアリーグ第37節が15日に行われ、トッテナムがホームにバーンリーを迎えた。


 ロースロンドン・ダービーを3−0で制し、現在プレミアリーグ4戦負けなしのトッテナム。チャンピオンズリーグ出場権争いで一歩上に立つ4位アーセナルにプレッシャーをかけるためにも、勝ち点「3」がマストな一戦となる。スターティングメンバーはアーセナル戦から1名を変更。デヤン・クルゼフスキに代わってルーカス・モウラがスタメン入りした。


 試合は序盤からトッテナムが猛攻を仕掛ける。10分、左コーナーキックでショートコーナーを選択したソン・フンミンが、折り返しから右足を振り抜く。このシュートはバーンリーの守護神ニック・ポープに弾かれた。続く12分にはルーカス・モウラのクロスをハリー・ケインが頭で合わせるも、シュートはGK正面へ。


 17分には再びトッテナム。ルーカス・モウラが左へ展開すると、ボールを受けたライアン・セセニョンは左足でクロスを選択。ファーサイドでフリーになったケインがヘディングシュートを狙うも、シュートは相手DFにブロックされてゴールならず。17分にはエメルソン・ロイヤルが強烈なミドルシュートを放つも、またもポープが立ちはだかった。


 残留のためには負けられないバーンリーも反撃。27分、ネイサン・コリンズがドリブルで持ち運び、背後のスペースへスルーパス。抜け出したマクスウェル・コルネが左足で狙うも、今度はトッテナムのGKウーゴ・ロリスがファインセーブを見せ、ゴールを許さなかった。


 トッテナムは前半からエンジン全開でシュートを狙い続けるも、なかなかゴールをこじ開けることができない。それでも、前半アディショナルタイムに大チャンスが到来する。ペナルティエリア内でアシュリー・バーンズのハンドが認められ、PKの判定に。このPKをケインが落ち着いて決めて、トッテナムが先手を取った。


 トッテナムの1点リードで折り返した後半は、バーンリーが攻撃に圧力をかける。61分、コリンズ、ドワイト・マクニールと繋ぎ、ペナルティエリア手前からバーンズが右足で狙う。強烈なシュートはポストを直撃した。


 その後は一進一退の攻防戦が続く。両チームチャンスを作るものの、ゴールは生まれない。81分にはトッテナムにビッグチャンス。セセニョンが左サイドをドリブルで突破して中央へクロスボールを送ると、ソン・フンミンが反転から狙う。このシュートはポープがしっかりと反応し、追加点を許さなかった。


 試合はこのまま1−0でタイムアップ。トッテナムは暫定ながらも4位に浮上し、この後試合を行うアーセナルに大きなプレッシャーをかけることに成功した。残留を争うバーンリーは、勝ち点「34」で足踏みとなっている。


 プレミアリーグは22日に行われる次節が最終節となる。トッテナムは敵地でノリッジと、バーンリーはホームでニューカッスルと対戦予定だ。


【スコア】

トッテナム 1−0 バーンリー


【得点者】

1−0 45+8分 ハリー・ケイン(PK/トッテナム)